不動産会社を利用することで得することを覚えておこう

売却額について

不動産を売却する場合知っておきたいこと

一戸建て住宅の不動産を売却する場合、売主はできるだけ高く売却したいと思うのが本音です。しかし、不動産の売却は思った様に簡単に売却ができるわけではありません。 そこで、不動産を売却する前に知っておいたほうが良いこととは何でしょうか。 一戸建ての不動産が売れない場合、売主にとっては大きな悩みになります。なぜなら、長期間売れなければ固定資産税を払い続けなければならないからです。それだけでなくメンテナンス等のお金も必要になります。 では、不動産が思ったように売れない理由は何でしょうか。 まず、物件価格が高いという点です。自分が住んでいた住宅は、資産価値があるにちがいないという思い込みで売却をするために適正価格よりも高く売る人が多いのです。

標準的な物件が売れやすい

しかしながら、適正価格より価格が高いとなかなか書いてが付きません。買主も同じようにできるだけ負担が少ないように安く買いたいからです。 その場合には、売主も適正価格に合わせて売却をするようにした方が無駄な出費をかけずに済みます。 もう一つの理由は、その物件が買主にとって好ましくない場合です。例えば、一般的に条件が良いとされる駅から徒歩5分以内の繁華街にごく近い場所ならきっと高く売れるに違いないと売主が思っていても、買主の方が駅前の騒がしい所はできるだけ避けたいと思っていれば、書いてはなかなか現れません。またデザインが優れていると思っても、一般受けしないようなデザインであれば買い手がつかないこともよくあります。売却する物件はできるだけ標準的な物件が売れやすいのです。

» ページのトップへ戻る