不動産会社を利用することで得することを覚えておこう

エコポイント制度の変化

住宅エコポイントの制度は以前よりも少しだけ対象範囲が広くなったと言えます。以前は複数箇所同時にリフォームする場合にのみ認められましたが、現在の制度では3種類以上のリフォーム箇所だけで認められます。

» 詳細を確認する

売却額について

不動産売却をするときはまずどう高値で売却できるかを考える必要があるでしょう。しかしながら希望額で売却できないという場合もあります。需要と供給を上手く見積もることが大切と言えます。

» 詳細を確認する

市場相場を知る

任意売却するときは売却額が重要になるでしょう。そもそもローンの補填のために行うわけで売却額が少なければ返済することも出来なくなります。間違っても競売を選択することは適切ではないでしょう。

» 詳細を確認する

得する住宅購入

住宅購入の際に得をする方法

住宅を購入する際は、省エネ基準を満たした住宅にすることで住宅エコポイントの対象となり、その分得をすることができます。省エネ基準とは、床や壁などに使われる断熱材等の省エネ効果を数値で示したもので、省エネ基準が高くなるほど実際に住んでからの光熱費を抑えることができるので、月々の節約にもつながります。 住宅エコポイントに関しては、新築住宅の購入だけではなく、中古住宅であっても少エネのためのリフォームをすることによってポイントが発行されます。また、発行されたポイントは様々な商品と交換することが可能ですが、その他に工事をする場合にはそのポイントを工事費にあてることもできるので、大変お得な制度となっています。

住宅エコポイントで発行されるポイント数

住宅エコポイントは、住宅の購入やリフォームに関しては発行上限が30万ポイントとなっています。1ポイントは1円相当で換算されるので、30万円相当が付与されることになります。発行されたポイントは省エネや環境に配慮した商品の他に、商品券やプリペイドカードなど好きな商品に交換することが可能になっています。 また、今回の住宅エコポイントでは、ポイントの対象も住宅の購入やリフォームだけではなく、バリアフリー改修や耐震改修、省エネ機能が認められているトイレや給湯器などを設置した場合などポイント対象範囲がかなり拡大されています。 ポイント数は工事内容によって異なりますが、リフォームの場合は耐震改修も合わせて行うと最大45万ポイントももらえます。

不動産会社の選び方

不動産を売却するというときはまず不動産会社に依頼するというのが一般的でしょう。ネットなどでも調べることができ、また口コミなどを通して最適な不動産会社を選ぶことが出来るでしょう。

» 詳細を確認する

» ページのトップへ戻る